ゴルフクラブさばきをスムーズにするグリップの仕方

グリップはそれ次第でスイングが決まるほど重要な役割を担っています。

軌道をしっかりとさせるには、右手のひらと左手の甲が目標と直角になった形がベストです。左手は小指、薬指、中指を中心としてシャフトに巻き付けるようにし、親指の腹で上からシャフトを軽く押さえつけていきます。指の間に隙間を作らないようにすることが大切です。

右手は中指と薬指をシャフトの下から巻き付けるようにしていきます。左手とは違って、人差し指と親指の間に隙間があっても大丈夫です。逆に、右手の指に余分な力を入れないように気を付けていきましょう。
ただし、グリップそのものを意識しすぎるというのもよくありません。

グリップはそれ自体だけではなく、身体の姿勢全体の中でとらえることが大切なのです。先ほど示したように、左手の甲と右手のひらが目標に向けて直角になっていても、その位置がずれていると正確なショットは打てません。正しい位置は左脚の内側です。

右に寄りすぎるとインパクトで詰まりやすく、左に寄りすぎるとフックしやすいので注意しましょう。