パターの打ち方と構え方のポイント

ゴルフの中でパッティングはホールアウトに必要な最後の仕事と言えますが、パッティングをする場合はパターを使用します。

パターの構え方はグリップ、前傾姿勢、ボールの位置そして重心の4つのポイントが大事です。

前傾姿勢のポイントはかがんだ時に地面と面と顔の面が平行になるように構える事が良いです。

ボールの位置は左目の下にボールを置いて自分の身体からパターヘッド2個分離れたところにボールを置きます。

重心のポイントは左右均一に指の少し前に重心を置く事が肝要です。

下半身をしっかり固定して打った後も腰を動かさないようにすることを意識してショットをする事が良いです。

手首だけを使用したスイングは距離感もフェースの向きも安定しないので、構えた時の形や手首の角度を変えないようにする事が大事です。

肩を上下に動かすショルダーストロークを行う事で手首を使わずにショットする事ができます。

パターをうまく扱うにはうまく打てるように意識しながら練習する事が肝要です。