パットの練習をする際はゴルフグローブを外しましょう

パットの練習をする際は、グローブを外して行うようにしましょう。

実践と同じ形で練習をした方が良いのではないかと考えてしまう方も多いですが、それはコースに出てある程度スコアを出す事ができるようになったら行った方が良い作業になります。ではなぜグローブを外して行った方が良いのかと言いますと、感覚を手に覚えさせるためになります。最初はどれくらいの強さで打てばどれくらい転がるのかなどが全く分かりません。何回か練習をする事によって、打った強さでどれくらい転がるのかを知る事ができます。

グローブをつけたままだとこの感覚が手に伝わりにくくなってしまい、どうしてもパットが上手くいかないと言う状態になってしまいます。そのため初心者の方は外した方が良いでしょう。外して練習をしたからと言ってすぐに上達をする訳ではありませんが、グローブをつけた状態よりは遥かに上達が早い事も分かっています。良い先生がいるゴルフスクールでは外して行っている場合が多いです。