ゴルフ練習の中にパットの練習も入れましょう

少しでもゴルフを上手くなりたいと考えている方は、ゴルフの練習をしにいく際に、必ずパットの練習をするようにしましょう。

最初は1打目の練習をする方が多いです。まずはボールに当てる事を意識するのでこの練習方法になってしまう場合もありますが、パットの練習をする事によって、クラブとボールの距離感をしっかりと掴む事ができるので、ボールに当てるための練習にもなります。またある程度上手くなる事ができ、コースに出る事が決まっても慌ててパットの練習をしなくても良いメリットがあります。

2つ同時に練習をしなくてはならないと言う事になるので、最初は少し時間が足りないと考えてしまう場合もありますが、それでも後のためになるのでその部分を考えて練習をするようにしましょう。またパットの場合は、ゴルフクラブを力強く振り抜かなくても良いので体への負担も軽くする事ができます。最初はカップの中に入れる事ができない場合が多いですが、慣れてくると入るようになります。それが上達の証拠になります。