ゴルフボールと歴史について

ゴルフをする上で、ゴルフボールの歴史としてゴルフボールの規格の統一化が初めてされたのは1930年で、それ以前は具体的なルールはありませんでした。

現在では一定のルールを満たしているものが公式ボールときて認定されています。ルールは特定の条件化で打った場合の飛距離で測定されます。極端に飛ぶボールは公式ボールとして認められていません。ディンプルの構造は進化していて単純な丸型以外のディンプルボールもあります。ディンプルの形状に特許をとって販売しているゴルフメーカーもあります。

極端に飛距離がアップする形状が登場する可能性はありますが公式ボールにはならない可能性もあります。ゴルフボールには外観の形状以外だと中身の構造も重要になります。素材も大事ですが、2層構造だったり4層構造のボールもあります。この層をピースと呼びます。一般的に市販されているゴルフボールは2ピースボールです。

ゴルフをする上ではゴルフボールの歴史を知っておくことが大事です。