ゴルフのシニアの意地について

ゴルフでは70歳になれば、必然的にフロント、ようするに年齢とともに飛距離が落ちるためにシニアのティーを利用することが許されています。

私は今年43歳になります。むかしからいっしょにゴルフをしてきた先輩方も相当年齢を重ねていますが、負けず嫌いの方々はとにかく前のシニアティーからプレイすることを嫌がります。仮にコンペで順位が気になる場合でもとにかく、前からプレイすることを嫌うのです。ここにはまだまだ若い者には負けないという気持ちと一度前からプレイしてしまうと自分自身の飛距離が落ちてしまうというちょっとした危機感をもっているかたがほとんどです。

しかしながら、本当に自分自身の年齢を認めた方は前からのプレイを認めることになりますが、それはそれでコンペのドラコンなどで有利になるのでちょっと困ったなあというところもあります。

しかしながら、ゴルフはこうして年齢、性別によって最適な条件があるのは非常に良いポイントだと思います。