自然と戦うゴルフについて

アメリカのツアーを見ていると印象的なのは、限りなく自然を生かした地形のまま、ゴルフ場があるということです。

はっきりいってあのラフの深さはボールを見つけることすら難しいのではないかと思わせます。ブッシュもしかりです。では日本のコースはどうでしょうか。確かに整備されて非常に美しいのかもしれませんが、かなり人の手が入っていて自然の地形を生かした厳しさがあるかといえば、かなり優しく感じます。

個人的にはアマチュア、ジュニアの時代からこうした環境の違い、つまり、すぐにOBがあり、自然環境の厳しいなかでショットする機会が少ない日本人にとっては、アメリカの環境は非常に厳しいのではないかと感じます。もちろん、パワーの問題もありますがゴルフには自然とうまく付き合う、戦うという意識や経験が何よりも大事になってくるのではないかと思うわけです。

幼い頃からの環境、意識がプロになってからの技術にも影響すると感じています。