ゴルフのスロープレーを防ぐマナーについて

ゴルフ場を満喫していると、初心者が特にスロープレーになってしまう事が多いです。

自分たちの前後にもゴルフをしている人もいるので、スロープレーにならないためのマナーを守る事が大事です。

スロープレーにより他のゴルファーを待たせてしまい迷惑をかけたり嫌な思いをさせてしまう事があります。

ゴルフは前に進むスポーツでゴルファー一人ひとりがプレーファーストを心がけて前の組みにしっかりついて行く事が大事です。

初心者ゴルファーが特に気をつけるポイントが5つあります。

自分が打つまでに、次に使うであろうクラブを決めておく事が良いです。

場合によって使用するクラブが異なるので、2~3本持ってボールのある場所に行く事が良いです。

ゴルフを行う上で、移動手段としてカートを使用する場合がありますが、自分のボールの位置に行く際に歩いた方が早い場合はカートに乗らずに歩く事が大事です。

打つ際の素振りは最大で2回までに留めて、集中して打ち込み、ホールアウト後の動きはテキパキと行動する事がスロープレーを防ぐポイントです。